群馬県高崎市のNPO法人 思いをつなぐ会のスタッフ日記です。
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
omoi
NPO特定非営利活動法人 思いをつなぐ会
〒370-0068
群馬県高崎市昭和町158-17
TEL:027-327-7566
FAX:027-327-7612
営業時間:9:00~18:00
休日:土日祝

2011年12月07日

群馬大学「放射能とこどもの健康」講演に出席

2011年12月6日(火)群馬大学「放射能と子供の健康」
講師 崎山比早子先生
の講演会に葛西さんと行ってきました。

講師の崎山先生はとても暖かい方でした
大学での講演でしたので、社会情報学部の情報の流れと末端までに情報を届ける研究の中での研究の一環として開催されたそうです。
ですので、学生さんがいっぱいいました。
真剣に聞いている姿を見て、
次の世代の核となる人がいることに感激いたしました。

講演の最後に葛西さんが質問をしました。

1.これからの季節群馬はどのような事を子供のために注意したらよいでしょうか

2.行政にはどのように取り組めばよいか

1の答えは、からっ風で地表にたまっている放射能が舞い上がるのではないか。その対処が必要となると思います。
2の答えは、機縁にした原発の廃止を今はしなければ、第二の福島がおきうるでしょう。
日本の原発は54基ありますが
世界地図でマグネチュード7以上の地震がおきているところに原発が以上にあるのは、悲しいかな日本です。
との事でした。

大変参考になりました。

私たちの取り組みは
「放射能と健康管理」
子供のケアー

1、内部被ばくによる除染術講演
2、免疫向上情報講演
3、実際の除染お料理教室(来年)

30年で半減ですがあと30年もあります。
おギャーと生まれた子供が60歳になって初めて安心の範囲に近ず来ますが。

半減期が長いものを考えると、忘れてはいけない事故ですね。

「大変だから、頑張れる」と父が言ってました。
もう一つ
「一生けん命を、一生かけて命を守りつづけなさい」
と解釈をしてしまいたいくらい
言葉道理の人生です。




  


Posted by omoi at 08:56Comments(0)