群馬県高崎市のNPO法人 思いをつなぐ会のスタッフ日記です。
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
omoi
NPO特定非営利活動法人 思いをつなぐ会
〒370-0068
群馬県高崎市昭和町158-17
TEL:027-327-7566
FAX:027-327-7612
営業時間:9:00~18:00
休日:土日祝

2011年10月18日

NPO 座談会

渡辺です。
昨日は、高崎市のNPO座談会に参加しました。
場所は、その都度違うのですが箕輪で行われました。

その場を借りて、色々な意見を聞くことができました。
箕輪は合併によって不便も生じているけれど、合併によってこのような会に参加できて良かったとお話がありました。

人は人に会って新しい未来を創造できると思いました。
しかし、私たちの「放射能と健康管理」子供のケアー方法と題した3回の講演は知らなかったとの事でした。
残念でしたが、広報が課題と思って今後の活動をより広範囲に広報できるように努めたいと思いました。
12月1日(木)高崎市総合福祉センターで4回目の講演を行いますが
箕輪の会場となった場所に、チラシを置かせて頂ける運びとなりました。
場所の高崎市役所箕輪支所だと思いますので、行かれましたらご覧ください。

後から出る、出る新情報は安心をしてくださいと言う事ではなく
ますます、怖さが増しますが
頑張って講演をはじめ、お料理の仕方の実習などを企画させて頂きますので、
お料理の苦手な方もこの機会に放射能を軽減するお料理方法を通してお料理上手になってください。


また「子供を放射能から守ろう」というステッカーキャンペーンを行っていきたいと思います。
一枚¥500のステッカーの一部の収益金で、
震災の中で赤ちゃんを育てている方に、私たちが色々に実験をして成果が出た推奨品の浄水器を支援させて頂きたいと思っています。
「放射能吸着浄水器」です。
群馬の方は、今の所数値的には安全の中にありますが、今までよりは多めですし、
地震により水道管が降られていますので、さびが流れてしまってますのでそれも取れます、
そのさびも癌誘発には関与されると考えられていますので、
この際、また原発がはねないとも言えませんので付け替えることをお勧めいたします。

赤ちゃんのお風呂にも使えますよ。
お湯で大丈夫なのです。
0歳の子が3歳になるのはあっという間です

少し焦ってます。
子供を放射能から守る会IN群馬を立ちあげました、
「思いをつなぐ会」のホームページ内に設置しますのでしばらくお待ちください。
ツイッターをしている方、全国の仲間に教えてください。
お願いします。  


Posted by omoi at 09:51Comments(0)